本八幡の美容室「J's」のデジタルパーマTOP

柔らかく、質感の良いデジタルパーマをお約束します!

デジタルパーマのイメージって、巻いた感じがすごく出る、ゴワゴワ、硬い、チリチリ・・・

なんてイメージが先行すると思います。

実際に現在でも、美容師側もお客さま側もそう思っており、美容師も敬遠しています。

ですが、毛髪の仕組み、構造をしっかりと理解した上で、薬剤の選定、熱の温度、時間などを的確に設定すれば柔らかく質感の良いデジタルパーマが出来ます。

デジタルパーマとは

まず、正式名称は『形状記憶パーマ』と言います。『デジタルパーマ』というのは実は登録商標なんです。

なので本当はデジタルフリーという機械でかけたパーマのことをデジタルパーマと言います。

ですが形状記憶パーマよりもデジタルパーマという呼び名の方が世間に早く普及してしまったため、今では一般的となっています。

『写メ』なんかもそうですよね。あれは元々J-Phone(現ソフトバンクモバイル)の登録商標で、DoCoMoやauではそれぞれ違う呼び名があります。

話がそれましたが、世間一般では【形状記憶パーマ=デジタルパーマ】となっております。

コールドパーマって何?

コールドパーマとは、一般的なパーマ?とでも言いましょうか。

皆さんがイメージしている普通のパーマのことを指します。

一般的に  ロッドオン⇒1液⇒水洗⇒2液⇒ロッドオフ⇒水洗⇒仕上げ  こんな工程だと思います。

また、1液を水洗した後に、湿熱や乾熱処理、自然放置したものを『クリープ期』と言い、これを行うことで、1液の薬液の強さの加減、持ちの良さなどを調節出来ます。

最近では良く耳にする『クリープパーマ』『エアウェーブ』のことですね。

デジタルパーマって何?

デジタルパーマは簡潔に言うと熱を加えたパーマのことです。

ロッドとコードをデジタルパーマ機に繋ぎ、ロッドから熱を出します。

熱を加えるどうなるのか?髪の中のたんぱく質を熱で変性させてしまう(固まらせる)

実は昔から言われているホットパーマとほとんど変わらないんです。

機器が発達してデジタルでの低温から高温までの温度調節やロッドの重さなどが軽減され、扱いやすく生まれ変わった感じです。

1液⇒水洗・中間処理⇒ロッドオン⇒【クリープ期⇒熱変性】⇒完全乾燥(冷却)⇒2液⇒ロッドオフ⇒水洗⇒仕上げ

赤字の部分がデジタルパーマ機を使用した工程になります。